各種書類ダウンロード

お知らせ

感染症における登園許可について

保育園では、集団生活を営む場であり、感染症が発生した場合、大きな影響を及ぼすこととなります。そのため、感染症の流行を予防することが望ましく、学校保健法施行規則によって、出席停止となる感染症(インフルエンザや水痘等)があります。出席停止期間の基準がそれぞれ規定されていて、医師の診察を受け、登園の許可を確認していただいています。

登園停止の感染症にり患の方は、医師の診察を受け、登園許可書をもって登園をしていだくよう、よろしくお願いいたします。

夏のプール・水あそびについて

出席停止の感染症ではないのですが、とびひは感染しやすい疾患です。ただの虫刺されと思っていたのがいつの間にかとびひになり、次々にうつるというケースも多いので、プールに入れるかどうか、感染予防のため、医師(皮膚科)に判断していただくようお願いいたします。

また、夏風邪(ヘルパンギーナ、手足口病、咽頭結膜熱(プール熱)、無菌性髄膜炎など)にり患されいていた方も、プールに入れるかどうか、医師の診察を受けていただきますようご協力お願いします。