園案内

園概要

■施設名
つくし保育園
■所在地〒601-1336 京都市伏見区醍醐柏森町25
■電話番号075-571-7673
■FAX番号075-573-7331
■設置主体
社会福祉法人 京都地の塩会
■設置主体代表
理事長 木安 透
■園長
津田 一夫
■開設年月
1970年4月
■開園時間
7:00 ~ 19:00
■受入年齢
生後8週~小学校就学前
■定員数
90名
■延長保育
18:00 ~ 19:00
通常利用(1ヶ月あたり)2,500円
■障害児保育
可能な限り受け入れの姿勢は持っております。ご相談ください。
■育児相談
電話・面接による相談の他、必要に応じて専門機関への紹介。随時。
■育児講座
子育てにかかわる講演会など。
年2~3回。土曜日の午前中に実施しています。
■園開放
未就園のこどもさんとその保護者の方を対象に、園開放をしています。行事のある場合にはお休みします。来られるときには事前にお電話ください。
毎週金曜日:園庭開放(雨天中止)
毎週土曜日:園開放
10:00 ~ 11:30

沿革

1966年4月
塩見三雄牧師が醍醐槙の内町において伝道を始める。
1967年6月
地域に奉仕することを目指して柏の森町25番地を購入し、保育園建設を計画する。
1969年7月
保育園の建設に着手。
1970年2月
完成。社会福祉法人「京都地の塩会」が設立され、日本キリスト教団醍醐教会の境内地の一部の貸与を受けて、「つくし保育園」が認可される。醍醐教会牧師塩見三雄が初代園長となる。
1970年4月
定員60人。乳幼児保育園として、0歳児から年長児までの保育始まる。
1971年4月
定員90人となる。
1978年6月
柏の森町26番地をつくし保育園の運動遊び広場として購入する。
1979年4月
0歳児室を増築する。
1986年
幼児園庭に檜丸太の手作り総合遊具を作る。
1987年
乳児園庭に丸太ハウスができる。(現在、えほんのへやとして使用。)
1996年
0歳児室を増築する。
1997年7月
塩見園長引退。山下茂雄牧師が園長に就任。
1998年1月
乳児園庭に砂場、すべりだい完成。
2001年~2002年
給食室、事務室及び玄関外装などの全面改築。
2003年
すみれ0歳児室の全面改築。
2005年4月
幼児クラス異年齢グループの保育に移行。
2008年2月
つくし・おひさま発電所の設置。
2013年5月
幼児園庭にビオトープをつくり、砂場を拡張。
2014年9月
乳幼児トイレ改修工事。
2015年4月
山下園長退任。小西直人牧師が園長に就任。
2016年4月
小西園長退任。津田一夫牧師が園長に就任。